糟屋郡志免町県道68号線沿いの整体院。ぎっくり腰なら68トレーナーズ

糟屋郡志免町の整体院

糟屋郡志免町の整体 | 68トレーナーズ ぎっくり腰専門
2015年06月13日(土)

こんにちは。

野球などはとくに目立つのですが、練習や試合後のアイシング(冷却)です。
よく投手がやっている奴です。ダル アイシング

ふと思ったのですが、炎症起きてるから炎症を抑えるために冷やすというのですが
炎症って抑えて良いのでしょうか・・・・

炎症という現象は何者なのか!
ふと、もう一度調べてみると


・ウイルスなどへの免疫
・体内の損傷部位の修復

とあります。


これを見て改めて思いました。
これを抑えるということは、本末転倒ではありませんか!!


だって体を回復させるための自然治癒力ですよ。
これを消去しているのですよ!!

冷却すると炎症が早く取れ、回復が早くなると言いますが
回復が早くなるのは勘違いじゃないですか?
むしろ回復が遅れ回復しきっていない状況で次の試合に挑んでいるのではないか・・。

炎症が取れるのでだるさや痛みは抜けるかもしれない。
だが、そのだるさ痛みで体の状況を把握できるし回復したかどうかのサインにもなる。
そして、そのだるさは人間が回復している証拠である。



冷やすのではなく、単純に 「肩を使わない」「施術で治癒力を上げる」「サウナなどを利用して治癒力をあげる」
など、古いやり方が1番安全で効果あるんです。


さっき記事でみたら肩をアイシングしない人がいるそうです。

マリアノ・リベラ(元ニューヨークヤンキース)
山本昌     (中日ドラゴンズ)

その他、一昔前の投手たち。(年間50試合登板とか当たり前の時代がありましたよね。今は?20~25ぐらい?)

医学的には冷やすことが正しいので、どうするかはご本人の判断ですね。
あくまで自己責任で行動してください。


粕屋郡志免町の肩・腰専門の整体院【68トレーナーズ】



〒811-2207 福岡県糟屋郡志免町南里3丁目-12-30

電話:092-692-8364

10:00~20:00 不定休

お問い合わせはこちら

http://68trainers.com/








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です